谷口元一氏へ裁判を起こした吉松育美さんへの印象

吉松育美さんと谷口元一氏の騒動ですが、被害を訴えていたのは吉松育美さんですが結果的に被害者となってしまったのは谷口元一氏ではないでしょうか。賛否両論あるでしょうが、個人的な意見を述べさせてもらうとやはり今回の騒動での最大の被害者は吉松育美さんではなく谷口元一氏であると思えてなりません。

ブログの削除とコメント欄の閉鎖

この騒動において当初は被害を訴えていた吉松育美さんでしたが、結局自らの主張を全面的に取り下げてしまいます。また、その謝罪をブログに公開していました。このことからも、やはり被害者は谷口元一氏であるということが理解できます。この騒動において吉松育美さんは常に不可解な行動をしていましたが、その一つがブログに掲載した謝罪文の削除でしょう。

吉松育美さんは謝罪文や一度ブログに投降した内容を何度か削除しています。ブログのような情報発信のツールを上手に活用するのはタレントとして基本ですが、彼女は幾度に渡ってブログを削除しているのです。これだけでも十分突っ込みどころは満載ですし、行動が不可解と受け取られてしまっても仕方のないことでしょう。

また、コメント欄を閉鎖してしまったのも不可解な行動の一つだと思います。彼女はいろいろな意見を言ってもらえるのはありがたい、としながらもブログのコメント欄を閉鎖するという矛盾した行動をとっています。これは恐らく批判の声をシャットアウトしたかったからではないでしょうか。当初こそ批判の矛先は谷口元一氏に向いていましたが、やがて彼女の不可解な行動や売名ではないかという疑いが持たれ始めたころから批判に晒されるようになりました。結果彼女はコメント欄を閉鎖したのではないでしょうか。

芸能界の圧力をアピール

吉松育美さんは谷口元一氏からストーカーや恐喝などの被害を受けたと発表しましたが、それに対してマスコミの動きは鈍重でした。すると、彼女は芸能界の圧力であると訴え始めるようになります。芸能界における圧力は少なからず存在するものでしょうが、このようなシーンではどうかと感じます。特に、吉松育美さんのようなそこまで一般層に知名度がないタレントの発言に圧力をかけるようなところが存在するかどうか疑問です。

これが影響力のある人物の発言なら芸能界から多少圧力がかかるようなこともあるでしょうが、失礼な話吉松育美さん程度の知名度のタレントが何を言おうがそこまでの影響力は考えられません。それにも関わらず芸能界の圧力である、陰謀であると騒ぎ立てる吉松育美さんの印象がただ悪くなっただけでした。

実際にマスコミが彼女のことを大々的に取り上げなかったのは事実ですし、彼女はそのことに業を煮やして別の場所で被害を訴えることになります。では、どうして日本のマスコミが彼女の件を取り上げなかったのかということですが、一つには先ほども言ったようにそこまで大々的に報じるほど知名度の高い人物ではないことが挙げられます。また、もう一つは彼女の後ろに見え隠れするマット・テイラー氏の存在が原因と考えられます。

マスコミが報じなかった理由

マット・テイラー氏は平和活動家でありNGO団体の創設者、代表と自称しており、日本でもかつてタイタニック基金という団体を立ち上げ代表を務めていました。この人物がとにかく怪しいのです。過去には詐欺のような手口でお金を集めていましたし、集めたお金の用途がはっきりしないと批判を集めました。また、平和活動家と名乗りながらもなぜか吉松育美さんの海外エージェントをしているという部分も怪しかったのです。

イベント運営費が業者に支払われていない未払い問題もありましたし、今回吉松育美さんと騒動になった谷口元一氏からもお金を借りて金銭トラブルを起こしています。このトラブルは谷口元一氏側は一切悪くなく、マット・テイラー氏が谷口氏からお金を借りたにも関わらず一切返済しないため裁判になったのです。この裁判でマット・テイラー氏は全面敗訴し、お金の返済を指示されたにも関わらずまったく返していないのです。

こうした背景もあることからマスコミは過度に騒ぎ立てることをしませんでした。ここまで怪しい人間と吉松育美さんが繋がっているという事実もありますし、芸能界の圧力や陰謀だと彼女が騒ぎ立てたところで「いや、それは違うだろう」という気持ちでマスコミは見ていたのです。

まとめ

吉松育美さんの不可解な行動やマット・テイラー氏が怪しいということ、マスコミが報じないのはそれなりに理由があったということを記述してみました。真相はわかりませんが、やはり吉松育美さんの一連の行動には今一つ理解できないようなところがたくさんあるように感じます。特にマット・テイラー氏の怪しさや過去に谷口元一氏と金銭トラブルを起こしているという部分が大きなカギを握っているような気もします。もう和解して終わった件ではありますが、ただただ吉松育美さんの印象が悪くなりましたね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. お金との付き合い方を考えることあなたはお金との付き合い方について考えたことはありますか?現代社会の中…
  2. 現代の多くの企業では、人員削減とコスト削減が進められ、ITとAIの導入は一般的となっています。企業の…
  3. 多くの女性にとって化粧品は自らの美しさを引き出すために欠かせないアイテムです。エス&ケイ(株)と取引…
ページ上部へ戻る